自分でも出来る風評被害対策方法

必見!風評被害対策

ネット風評被害の現状問題

企業に関わらず全ての組織にとって運営していく上で大切なことが信用です。顧客の信用なくして企業は利益を得られません。しかし風評被害に遭い、適切な対応をとらなければ、企業側に非はなくても簡単に顧客からの信用を損なう事態にいたります。企業として取り組む正しい風評被害対策を学んでいきましょう。

個人で風評被害に遭ったときの対策

個人での風評被害は著名人に限ったことではありません。何気なく過ごしていても風評被害を受けることはあります。 私たちが人と関わりながら生活する以上、その中の誰かが自分に対しての陰口をネットに書き込むことは考えられます。そしてネット上の書き込みは対処しなければ一生残ります。 きちんと対策を学びましょう。

風評被害対策まとめ

最後に、紹介した風評被害の対策法をまとめていくとともにネットリテラシーについて述べていきたいと思います。 風評被害を受けたからといって、ネットを全く使わない生活は不可能に近いです。そしてこれからネットはますます生活から欠かせないものとなるでしょう。正しいネットとの付き合い方をおさえておきましょう。

企業で風評被害に遭ったときの対処法

ネット技術が日々進歩し、利用者が増えるとともに、ネットによる風評被害も増加しています。
身近に被害に遭ったという人もいれば、実際にニュースなどで目にする機会も頻繁にあります。

具体例を挙げると、企業では元従業員・客・ライバル業者からのSNS、口コミサイトへの匿名による悪質なコメント。また個人の場合でもSNSへの匿名での誹謗中傷の書き込み、リベンジポルノが挙げられます。

このようにネットの匿名性は時に人々の憎悪の感情に拍車をかけ、虚偽の情報でさえも真実かのように拡散してしまう怖さがあります。この匿名の安心感に意見が過激化することをネットの「脱抑制」といい風評被害をもたらす一つの要因となっています。
またネット上では同じような考えをもった人が集まりやすく、自分と同じ考えをもった人と一緒に発言が過激になっていく危険性があります。このことを「集団極性」といい、「脱抑制」と「集団極性」が風評被害の大きな要因として挙げられます。

風評被害は決して他人ごとではありません。規模の大小はあれ、今のネット社会において誰もが標的になる可能性を秘めています。
では実際に風評被害を受けたらどうしたら良いのでしょう。

ネットでは相手が目に見えない分、被害に遭ってしまった時はどうしたらいいか、誰に相談したら良いかと混乱してしまうものです。しかし風評被害にあった時、対処してくれる機関・組織はちゃんと存在します。

ネットトラブルの多様化とともに解決法も多様化してきていますが、このサイトを通じて風評被害の対策方法を学び、ベストな対処ができるようにしましょう。

TOPへ戻る