>

ネット風評被害の現状問題

企業の風評被害対策:初期対応

ネット社会の発展に伴い、企業がネットを通じて多くの人々から評価されるようになりました。twitterなどのsnsはもちろん、専用の口コミサイトなども数多く存在し、企業は多方面に配慮が必要になりました。ただの悪評であれば改善していけば良いのですが明らかな悪意を含んだ嘘の書き込みなどは企業の運営ならびに利益に支障をきたす場合があるので早急に対応が必要です。

自社の企業が風評被害に遭っているのを発見した場合、まずはその書き込みが行われているサイトの運営者に報告し、書き込みを削除してもらうことが初期対応の鉄則です。

しかし風評被害の中にはあまりに多くの発信者を相手にしなければならない場合や複数のサイトを通じて書き込みが行われている場合があります。そういったケースでは風評被害対策専門の企業に相談するのも一つ手段です。
専門性が高いので、対処後の再発防止にまで取り組んでくれます。

企業の風評被害対策:法的措置

風評被害対策専門企業での対処を紹介しましたが、悪質な会社もあり信用できて適切な対策を講じてくれる会社は思いのほか少ないです。また対策専門企業では法的措置はとれません。

そういった時に頼りになるのが弁護士です。

弁護士も書き込み削除などきちんとした対策を講じてくれます。
また虚偽の内容を含む書き込みは「名誉毀損」「信用毀損」で訴え、損害賠償を請求できます。受けた被害をなくして終わりでは書き込みを行った加害者には何の痛手もありません。弁護士を通して受けた被害の代償を求めることをおすすめします。
法的措置をとることは企業側にとっても労力を要する負担の大きい作業です。しかし悪いものにはしっかりと声を上げ抵抗することで再発防止、風評被害の撲滅へと繋がります。

弁護士を通じて最善の対処をとれるようにしましょう。


Share!
TOPへ戻る