>

風評被害対策まとめ

風評被害 対策まとめ

これまで風評被害の対策について紹介してきましたが、対策をとる上で最も大切なことは迅速な対応です。ネットの情報は放っておくとすぐに拡散されていき、その過程で情報自体も発展していくものです。
どの対策を講じるにしてもスピーディーに対応し、被害を最小限にとどめることが大切です。

また個人であれ企業であれ風評被害を受けた時、ショックで行動が萎縮してしまいがちです。しかしそれ自体が加害者の狙いの一つでもあります。被害者には何の罪もありません。堂々と対応していくことが大切です。勇気をもって自ら風評被害を受けたことについて公表し、事実関係をはっきりさせるのも対策の一つです。

風評被害を減少させるためにも、被害者側は落ち着いて迅速に適切な対策を講じていきましょう。そのことが結果として風評被害抑止に繋がります。

ネットで発言する責任 加害者にならないで

言いたいことが言いづらい世の中になってきた現代社会において、気軽に匿名で発言できるネットは非常に便利ですよね。
近年SNSでの発信が影響力を強め、社会を良い方向に動かすということも実際に起こっています。

しかし一方で気軽さゆえに発言が過剰になり、誤った情報を流してでも批判を強めようという発言も多々見受けられます。
何かを発言する以上はたとえネットであろうが匿名であろうが責任が生じることを忘れないでください。
上述したように法的措置をとられる場合もあります。その時になって悪気はなかったでは済まされません。

このサイトをご覧になっている方はトラブルに巻き込まれた被害者または予防を目的とする人たちががほとんどだと思いますが、本サイトを通じて改めてネットリテラシーを高め、今後のネット利用に活かしていただけたらと思います。


Share!
TOPへ戻る