>

個人で風評被害に遭ったときの対策

個人での風評被害対策マニュアル

個人での場合、風評被害というよりネットでの誹謗中傷といった方が分かりやすいかもしれません。
ネットで自身に対する誹謗中傷を発見した時。基本的な対応は企業での対応と同じです。

まずは書き込みが行われているサイトへ報告し書き込みの削除を要請しましょう。

その後の対応に関しては、個人が相手ではなかなか会社のように風評被害対策専門企業は動いてはくれません。そのため弁護士か警察に相談することをおすすめします。個人が相手でもネット上への悪質な誹謗中傷は法律違反として名誉毀損や犯人摘発の措置をとることができます。

自分自身に対する誹謗中傷を見つけた時、ショックで体が動かないものです。しかし起きてしまったものはじっとしていてもなくなりません。勇気をもって対策を講じましょう。

個人対応のマメ知識

個人での風評被害の特質として発見の難しさがあります。自分自身で気づくか、友人などの知人が発見し教えてくれるかに限られるので、知らない間に卑劣な書き込みが拡散、増大していることがあります。
そうならないための対策としてエゴサーチがあります。自分の名前やハンドルネームを定期的に検索エンジンにかけることでネット上で自身の誹謗中傷の有無を監視できます。

また自分自身に対する誹謗中傷を見つけた時、たとえ虚偽の内容であろうと心に傷を負ってしまいがちです。そしてその傷は問題解決後も心に居座りつづけるこがあります。そんなときはカウンセリングなどでメンタルケアを受けることをおすすめします。心の問題が解決して初めて風評被害を解決したと言えるでしょう。ぜひアフターケアも施し自身を労ってください。


Share!
TOPへ戻る